Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

Amazonプライム年会費が1000円値上げ!タダにする方法は?

Amazonプライム Amazon Mastercardゴールドカード

2019年4月12日に、AmazonがAmazonプライム年会費を1000円値上げすることを発表しました!

年会費の場合は、現行の3900円から4900円に(年額1000円アップ)!

月会費の場合は、現行の400円から500円に(月額100円アップ)!!

Amazonプライム特典のメリットや充実度を考えると、まだまだお得ですけど、それでも値上げは痛い!!

何かお得な方法は無いのか探してみたところ、良い方法が見つかりました!

Amazon Mastercardゴールドカード

引用元:Amazon

それが、「Amazon Mastercardゴールド」なんです。

一体、どのような「お得度」なのか気になりますよね。

この記事では、Amazonプライム年会費をタダにする方法と、「Amazon Mastercardゴールド」の魅力についてお伝えします!

※この記事内の金額は全て税込表示価格です。

スポンサーリンク

Amazonプライム会員のメリット

Amazonプライム

引用元:Amazon

最初に、Amazonプライム会員になるメリットについて見ておきましょう!

  1. Amazonプライムの配送料がすべて無料
  2. 特別取扱商品の取扱手数料が無料
  3. プライムデーなどのプライム会員専用セール
  4. kindle本が毎月1冊無料
  5. プライムビデオで映像コンテンツが見放題
  6. Prime Musicで音楽が聴き放題
  7. Prime readingで小説・マンガ・雑誌が読み放題
  8. 同居の家族を2人まで家族会員として登録できる
  9. Amazonパントリーが利用可能
  10. プライムフォト(オンラインストレージ)が容量無制限で使い放題
  11. 注文から1時間以内で商品が届くPrime Nowが利用可能(対象エリア内のみ)
  12. 本の内容を音声で聞ける月額サービスAudibleが3か月間無料
  13. Amazonダッシュボタンが使える(2019年3月1日以降購入不可)
  14. Amazonフレッシュが使える(現在は東京都・神奈川県・千葉県の対象エリアのみ)
  15. プライム・ワードローブ(交換自由な試着サービス)

これだけ充実したサービスの恩恵を受けられるのが、Amazonプライム会員になるメリットでした。

アメリカAmazonプライム会員費は年額119ドルで、日本円に換算すると約13000円(1ドル111円で換算)。

Amazonプライム特典

引用元:Amazon

値上げが発表されたとはいえ、日本ではまだ4900円と、半額以下で利用できるんですね。

じわじわ会員数が増えてきたことで、値上げに踏み切ったのだと思いますが、これを不満に感じる人もいると思います。

それでは、この年会費をタダにする方法は無いのか、探してみました。

スポンサーリンク

Amazonプライム会員費がタダになる方法

Amazon Mastercardゴールドカード

引用元:Amazon

タイトルの通りです。

「Amazon Mastercardゴールド」を所持すれば、Amazonプライムのサービスがタダで受けられるんです。

「そうは言っても、カードの年会費が高いんでしょう?」と思われましたか?

はい!実際カードの年会費が10800円かかります。

「これだと値上げされたとはいえ、4900円のAmazonプライム会員より、5900円も割高になってしまうじゃないか!」

Amazonプライム会員費

引用元:Amazon

そうお怒りの声が聞こえて来そうですが、ご安心ください。

値上げ後の4900円のAmazonプライム会員費を払うよりも、お得なサービスが「Amazon Mastercardゴールド」にあるからです。

一体どれだけお得なのか、詳しく見ていきましょう!

スポンサーリンク

Amazon Mastercardゴールドの賢い利用方法

マイ・ペイすリボ

引用元:Amazon

「マイ・ペイすリボ」で年会費が半額!

「Amazon Mastercardゴールド」の通常の年会費は10800円

これに、申し込み時に「マイ・ペイすリボ」を選択すれば、なんと年会費は5400円と半額になります!

Amazon Mastercardゴールドカード

引用元:三井住友HP

いきなり半額はスゴイですよね!スーパーの半額総菜どころじゃありません。

年会費を半額に下げたい方は、カードの申し込み時に「マイ・ペイすリボ」に加入することを、忘れないように気を付けて下さいね。

「マイ・ペイすリボ」の条件

マイ・ペイすリボ

引用元:三井住友HP

リボの2文字を見た瞬間に、読むのを拒否した方はいませんか?

「余分な利息を払うことになるんじゃないか?」と恐れてしまう気持ちはよくわかります。

だけど、余分な利息を払わなくてよい方法があるので、どうかご安心ください!

「マイ・ペイすリボ」の利用条件は、こちら!

「マイ・ペイすリボ」にお申し込みのうえ、前年度に1回カードをご利用になれば翌年度の年会費が5,400円(税込)割引となります。
「マイ・ペイすリボ」とは最低お支払い金額以上であれば「一部でも全額でも」自分のペースでお支払いになれます。
お支払い金額はインターネットやお電話でご指定いただけます。
全額お支払いいただかなかった場合のみ、残高はリボ払いとなり、所定の手数料がかかります。
出典:三井住友カードHP

つまり、1年間で1回でも使えばずっと年会費が半額になるというわけです。

1年間で1度も使わない人はいないと思うので、「マイ・ペイすリボ」はカード加入時に申し込んでおけばOKです!

「マイ・ペイすリボ」のデメリット

マイ・ペイすリボ

引用元:三井住友HP

「そうは言っても、やっぱりリボ払いなんでしょ?利息が掛かるんじゃないの?」と不安を抱えてらっしゃる方がいると思います。

確かに「マイ・ペイすリボ」年間15%の利息が付くリボ払いサービス。

また、カードは一回払いが出来ない「リボ払い専用カード」になってしまう点も、覚えておく必要があります。

店頭で買い物をした際「1回払いで!」と言っても、強制的に「リボ払い」になってしまうんです。

「じゃあ、やっぱりリボ払いする必要があるんじゃないか!そんなの嫌だー!!」とお嘆きのあなた。

大丈夫ですよ。これから裏技(知っていれば表技)をご紹介しますね!

「マイ・ペイすリボ」の賢い設定方法

Amazon Mastercardゴールドカード

引用元:Twitter

「マイ・ペイすリボ」「自分で決めた支払金額を超えた分だけ利息が掛かる」仕組み。

つまり、自分で決めた支払金額を超えない分には利息が掛からないんです。

この仕組みを最大限に活かすためには、支払い条件をどのように設定すればよいと思いますか?

答えは、ズバリ「支払限度額いっぱいに設定する」ことです。

ご利用限度額

引用元:三井住友HP

「Amazon Mastercardゴールド」「利用可能枠」を詳しく見てみますと、「リボ払い・分割払い利用枠」は0~200万円。

カード利用者によって、上限は異なりますが、仮に上限額が150万円だった場合はどうすれば良いでしょうか?

答えは、ズバリ「マイ・ペイすリボのお支払金額を、支払限度額(150万円)に設定する」ことです。

マイ・ペイすリボ

引用元:Amazon

こうすることで、毎月の自分の支払限度額を超えない範囲で、カードを利用すれば利息は1円も掛からなくなります!

1回の利用で150万円を超える支払いをするようなことって、通常考えられないですよね?

これで、「Amazon Mastercardゴールド」「リボ払い専用カード」でも、何も恐れる必要は無くなります!!

具体的な設定方法は、下記のいずれかを選択してください。

  • 三井住友カードの「リボ・分割デスク」に電話して、「毎月のお支払い金額」を「カード利用可能額と同額」に引き上げる。
  • 「Vpass」画面から、クレジットカードの支払い設定を変更する。
リボ分割デスク

引用元:三井住友HP

カードが手元に届いてから、この設定を忘れずに済ませておけば大丈夫です!!

スポンサーリンク

2年目からAmazonプライム会員費がマイナス580円に!

Amazonプライム会員費

引用元:Amazon

初年度の年会費が5400円まで下げることのできる「マイ・ペイすリボ」

これに加えて、2年目からさらに割引が受けられるのが「WEB明細書」です。

利用には、過去1年間に6回以上の請求が必要とのことですので、水道光熱費や、携帯電話代の引き落としに使えば、OKです!

「WEB明細書割引」で1080円分が、5400円の年会費から差し引かれると、割引後の年会費はなんと4320円!!

いかがでしょうか?

Amazon Mastercardゴールドカード

引用元:三井住友HP

この時点で、Amazonプライム会員費4900円が4320円になるんですよ?

つまり、普通にAmazonプライム会員になるより、差額の580円分、安く加入できてしまうというわけですね。

どういうことかと言うと、「Amazonプライム会員費がマイナス580円になる」のと同じことなんです!!!

Amazon Mastercardゴールドカード

引用元:Amazon

これなら加入しない理由が無くなりますが、「Amazon Mastercardゴールド」「ゴールドカード」なんです。

「いや、当たり前でしょ?だってゴールドカードなんだから!」という声もあるでしょう。

それでは、「Amazon Mastercardゴールド」のメリットについても詳しく触れてみたいと思います。

スポンサーリンク

Amazon Mastercardゴールドのメリット

Amazon Mastercardゴールドカード条件

引用元:三井住友HP

  • Amazonプライム特典が使い放題
  • Amazonのショッピングで、2.5%還元。Amazon以外のご利用も1%還元。
  • 無料の「即時審査サービス」で、今日からAmazonでのお買物に利用できます。(利用可能時間 毎日9:00~19:00)
  • 全国主要空港ラウンジサービス
  • 年会費 10,800円(税込み)
  • ※ご利用状況により年会費最大6,480円割引(税込)
  • Amazon Mastercardクラシック も選べます。
  • 20歳から申し込めるプレミアムカード

出典:Amazon MastercardゴールドHP

Amazonプライム特典に加えて、「Amazon Mastercardゴールド」独自の特典にも要注目です!

Amazon Mastercardゴールドの還元率は2.5%!

Amazon Mastercardゴールドカード条件

引用元:三井住友HP

「Amazon Mastercardゴールド」を使用して、Amazonで買い物をされる場合の還元率は2.5%!

これはAmazonプライム会員でも2.0%なのに、さらに0.5%上乗せされるんですね。

仮に年間20万円分の買い物をAmazonでするとしたら、5000円のポイントが付与されるわけです。

Amazon クラシックカード ゴールドカード

引用元:Amazon

Amazon Mastercardクラシックの還元率1.5%と比較した場合、2000円分もポイントを多く獲得!

Amazonで買い物をすることが多い人にとっては、「Amazon Mastercardゴールド」を所有しない理由が無くなります!

空港ラウンジサービスも受けられる

空港ラウンジ

引用元:Twitter

全国主要空港ラウンジサービスも享受できるので、特に飛行機を利用する回数の多い方には、お得なサービス。

海外旅行や出張の多い方は、この機会に検討されることをおススメします。

スポンサーリンク

Amazon Mastercardゴールドの疑問・条件まとめ

Amazon Mastercardゴールドカード

引用元:ruri-com.net

「Amazon Mastercardゴールド」について、疑問に思う点や、加入条件などまとめてみました。

既にAmazonプライム会員の場合は?

既に、Amazonプライム会員の場合どうなるのでしょう?

支払い済みのAmazonプライム会員費と、「Amazon Mastercardゴールド」の年会費の2つが掛かってしまうのでしょうか?

Amazon Mastercardゴールドカード条件

引用元:三井住友HP

この点についてもご安心を!

現在Amazonプライム会員のお客様がAmazon Mastercardゴールドへ入会した場合、既にお支払い済みのAmazonプライム会費の未使用期間分はご登録のクレジットカードへ返金されます。
出典:Amazon MastercardゴールドHP

なんと、支払い済みのAmazonプライム会費の未使用期間分が返金されるという、手厚いサービスまで!!

とことん利用者のためのサービスとして考えられているんですね。

これなら、加入しない理由が本当になくなってしまうと思いませんか?

ただ、一点気を付けたいのは、Prime Student会員の場合。

Prime Student会員

引用元:Amazon

下記のサービスを受けられなくなりますので、ご注意ください。

本10%Amazonポイント還元(コミック・雑誌は除く)
その他Prime Student会員限定の特典やキャンペーン
出典:Amazon MastercardゴールドHP

既にAmazon Mastercardクラシック会員の場合は?

カード切り替え

引用元:三井住友HP

  • 「Vpass」画面から、「カード種類を切り替える」を選択して切り替え手続きをする。
  • クラシックからゴールドへの切り替え申し込み電話を掛ける:0120-975-776

いずれかの方法で、クラシックカードからゴールドカードへの変更手続きが出来ますよ。

Amazon Mastercardゴールドの入会資格

本会員:原則として、満20歳以上で、ご本人に安定継続収入のある方
家族会員:生計を共にする配偶者、満18歳以上のお子さま(高校生を除く)、ご両親
※本会員の方が学生の方の場合は配偶者の方に限らせていただきます。
出典:三井住友カードHP

このように、年齢は20歳以上で、安定継続収入があることが条件

Amazon Mastercardゴールドの制限

家族会員のアカウントには、ゴールドカードのAmazonプライム特典は適用されません。
出典:三井住友カードHP

家族会員のアカウントでは、Amazonプライム特典が適用されないことに注意したいですね。

それでも家族の内の1人がAmazonプライム特典を所有していれば、問題ありません。

家族

引用元:hoken-bridge.jp

買い物も動画の視聴なども、会員のアカウントを利用すればよいのですから。

Amazonパントリーのご利用は、Box1箱につき、390円(税込)がかかります。
Prime Now(プライム・ナウ)の1時間配送(注文から1時間以内に配送)のご利用は、所定の配送料がかかります。
Amazonフレッシュのご利用には月額500円(税込)の会費がかかります。
出典:三井住友カードHP

AmazonパントリーやPrime Now、Amazonフレッシュについては、オプション費用が掛かることにも注意しましょう。

Amazonプライム特典の内、どうしてもこれらのサービスが受けたいのなら、通常のAmazonプライム会員になることも検討したいですね。

Amazonプライム+Amazon Mastercardゴールドまとめ

Amazonプライム

引用元:Amazon

以上、Amazonプライム年会費の値上げに伴い、「Amazon Mastercardゴールド」に加入するメリットについてお伝えしました。

加入手続きの手間や、審査などの条件が掛かりますが、加入しない理由がないほど充実したサービスが受けられます。

Amazonプライム年会費の値上げについて、少しでも気になる方は、この機会に「Amazon Mastercardゴールド」の加入を検討されてはいかがでしょうか?

Amazon Mastercardゴールドカード

引用元:Amazon

「Amazon Mastercardゴールド」の、初年度の年会費は5400円と、値上げ後のAmazonプライム年会費4900円より500円高くなります。

それでも、Amazonで年間20000円分の買い物をすれば、500円分のポイント(還元率2.5%)が貯まるため、同じ条件に。

「Amazon Mastercardゴールド」の年会費は、2年目からは、4320円と、Amazonプライム年会費4900円より580円もお得になります。

  1. Amazonプライムのサービス
  2. Amazon Mastercardゴールドのサービス

この2つのサービスを受けられるため、手間やデメリットを補って、余りあるメリットを享受することができるわけですね。

Amazonプライム Amazon Mastercardゴールドカード

引用元:Amazon

Amazonのサービスを一切利用しない+クレジットカードは1枚も所有しないというのでなければ、絶対にお得なので、加入することを検討してみてください。

Amazon Mastercardゴールド申し込み

最後まで読んでいただいてありがとうございました。

スポンサーリンク
合わせて読みたい

クレジットカードの最終進化系?こちらの日本上陸を待ちましょう!!

アップルカードのメリットがスゴい!日本はいつから?どの機種で使えるの?

アップルカード アップルカードのメリットがスゴい!日本はいつから?どの機種で使えるの?